ビジネスマッチング

2017年2月

「北海道・東北・北陸ビジネスマッチングin東京」の開催

ほくほくFG
「北海道・東北・北陸ビジネスマッチングin東京」の開催

北海道と東北・北陸各県が有する地域特産品の付加価値を高めることや、6次産業化を展望したビジネスマッチングを支援することを目的に、商談会を開催しました。

今後も、北海道・東北・北陸の地域間連携を活かし、お取引先の新商品開発や新規事業をサポートしていきます。(参加バイヤー18社、参加サプライヤー28社)

 

2016年11月

「 地方銀行フードセレクション2016」の開催

ほくほくFG
「 地方銀行フードセレクション2016」の開催

「地方銀行フードセレクション2016」を全国の地方銀行52行と合同で開催しました。本商談会では、主催する地方銀行のお取引先で、全国に向けた販路の拡大を希望する「食」関連の企業および団体と、地域色豊かな、安全で美味しい食材を求める百貨店や食品スーパーなどバイヤーとの商談の場を提供しました。
(出展企業687社、来場者12,436名)

 

2016年6月

北海道新幹線開業記念「函館・みなみ北海道特産食品展示商談会」の開催

北海道銀行
北海道新幹線開業記念「函館・みなみ北海道特産食品展示商談会」の開催

北海道新幹線開業に併せた地域活性化の取り組みとして、地域内外の食品関係バイヤーを招待し、函館・南北海道の特産品を幅広く集めた展示商談会を函館アリーナにて開催しました。

2015年までは、「北海道の『食』特別商談会in函館」として開催していましたが、2016年は新幹線開業記念と題してスケールアップして開催しました。(展示商談会:出展企業数118社、来場者数約2,100名、個別商談会:出展企業数42社、バイヤー数13社、商談件数130件)

 

2016年6月

「ビジネス・サミット2016~東海・北陸『うまい!和』発掘商談会」の開催

北陸銀行
「ビジネス・サミット2016~東海・北陸『うまい!和』発掘商談会」の開催

名古屋市で「食」をテーマにした商談会を大垣共立銀行と開催しました。ビジネス・サミットは地域経済の活性化を目的に、北陸・東海地方の行政、地域金融機関共催で、平成19年から定期的に開催しており、今回は北海道庁の特別協力のもと北海道企業の出展が多数ありました。(出展企業数106社、バイヤー数107社、商談件数約1,100件、来場者数約2,700名)

 

2016年5月

「寧波-日本知能装備説明商談会」の開催

北陸銀行
「寧波-日本知能装備説明商談会」の開催

中国浙江省寧波市にて、市商務委員会との共催により、中国企業のロボットを中心とした高級自動化設備の導入ニーズにお応えする、知能化推進の企業説明商談会を開催しました。

当日は、日本企業の説明会のあと、ロボットなど自動化設備の実演を行い、その後、日中の企業間で商談が行われました。(出展企業数33社、商談件数約60件)
 

 

2016年5月

「全国地方銀行合同商談会inホーチミン」の開催

北陸銀行
「全国地方銀行合同商談会inホーチミン」の開催

地銀6行とコンサルティング会社である株式会社フォーバルと共催で、ベトナムで初めてとなる地銀合同商談会を開催しました。

当日は、ベトナムで生産委託先や資材・部材調達先を探している日系企業が出展企業として参加し、出展企業のニーズに基づいて株式会社フォーバルが選定したベトナム企業との個別商談会が行われました。(出展企業数22社、ベトナム企業数約120社、商談件数約150件)
 

 

2016年2月

北海道・東北・北陸ビジネスマッチング

ほくほくFG
北海道・東北・北陸ビジネスマッチング

北陸・東北各県と北海道が有する地域特産品の付加価値を高めることや、6次産業化を展望したビジネスマッチングを支援することを目的に、北陸銀行、北海道銀行および「東北・北海道地区交流促進地銀連携」に参加する東北10行とのリレーションを生かし、お取引先と首都圏を中心としたバイヤーとの商談会を開催しました。

新幹線開業でより身近になる北陸・北海道・東北に対するバイヤーの関心は高く、積極的な商談が行われました。(出展企業数36社、バイヤー数18社、商談件数102件)

 

2015年11月

地方銀行フードセレクション2015

北陸銀行
地方銀行フードセレクション2015

北陸銀行を含む全国41行の地方銀行の主催で、「食」関連のお取引先がそれぞれの地元の特産品を首都圏のバイヤーに売り込みました。(来場者11,233名、出展社585社・団体)

 

2015年11月

「北海道の『食』特別商談会 in 小樽・後志」を開催

ほくほくFG
「北海道の『食』特別商談会 in 小樽・後志」を開催

豊かな農畜産物・水産資源等を活用した付加価値の高い加工食品や地域特産品等の販路拡大を目的に、道内外のバイヤーを招いて商談会を開催しました。

出展企業からは「今後の商品開発を行う上で貴重な意見を頂戴し有意義だった」「明日からすぐに実行できるアドバイスを頂き、大変実り多かった」などの感想が寄せられました。(出展企業数16社、バイヤー数7社、アドバイザー数1社、商談件数77件、相談件数11件)

 

2015年8月

「北海道の『食』特別商談会 in 函館」を開催

ほくほくFG
「北海道の『食』特別商談会 in 函館」を開催

水産加工品の一大産地である函館においてイカや昆布等を扱う地元水産加工業者の販路拡大を支援するため、道外のバイヤーを招いて商談会を開催しました。

来春の北海道新幹線開業を控え、北海道産品に対する関心は高く、バイヤーからは「現地に来てメーカーに会うことで隠れた良い品が発掘できた」、「本州では知られていない食べ方の発見があった」などの意見があり、熱心な情報交換が行われました。(出展企業15社、バイヤー10社、商談件数100件)
 

 

2015年7月

「首都圏バイヤー&シェフチャレンジ」を開催

北海道銀行
「首都圏バイヤー&シェフチャレンジ」を開催

「地域再生・活性化ネットワーク」(2014年1月に北海道銀行を含む地銀9行で構築)は、各地の選りすぐりの食品を首都圏の百貨店等のバイヤー、ホテルやレストランのシェフに紹介し、販路拡大に結び付ける取り組みを開始しました。

年4回の開催を予定しており、第1回目の商談会では17社が出展し、味や価格に加え、パッケージを生かした既存商品との差別化など、さまざまな観点からアドバイスが行われました。
 

 

2015年6月

「『北陸地方』商品発掘商談会 with 伊藤忠食品」の開催

北陸銀行
「『北陸地方』商品発掘商談会 with 伊藤忠食品」の開催

伊藤忠食品株式会社との共催で、同社の東京本社にて「北陸地方」食品発掘商談会を開催しました。

本商談会は、同社が実施している「地域産品プロジェクト」(地域産品の地産全消を目指した取り組み)に富山県とともに協力したもので、地元のおいしい食材を紹介し、同社の販売ネットワークを通じて地元企業の販路拡大を支援するものです。

当日は富山、石川、長野、新潟の企業が自社商品を紹介し、活発な商談が行われました。(参加企業23社、バイヤー約50名)
 

 

2015年6月

「ビジネス・サミット2015」~北陸新幹線開業!「食」と「観光」の大商談会~を開催

北陸銀行
「ビジネス・サミット2015」~北陸新幹線開業!「食」と「観光」の大商談会~を開催

富山市で「食」の販路開拓と「観光」の魅力発信をテーマにした大商談会を大垣共立銀行と開催しました。

北陸新幹線沿線都市や中京圏、北海道の食品加工業者・観光団体が出展し、小売り業者や海外とのパイプを持つ商社などのバイヤーが商談に参加しました。会場では出展企業の食材を有名店シェフが調理するステージイベントも実施されました。(出展企業126社、バイヤー67社、商談件数約700件)
 

 

Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。左のバナーより無料でダウンロードできます。