経営戦略

中期経営計画 『BEST for the Region』 について

当グループは、2016年4月から2019年3月までの3年間を「ビジネスモデルの変革とグループシナジー効果の更なる追求に取り組む期間」と位置付け、地方創生に積極的に貢献すべく、中期経営計画『BEST for the Region』を策定いたしました。

従来から取り組んできた、「営業力の強化」と「経営の効率化」を更に進めるとともに、「経営基盤の強靭化」に取り組みます。

 

計画の概要
名称 中期経営計画 『BEST for the Region』
計画期間 3年間(2016年4月~2019年3月)
目指すグループ像 地域No.1の金融サービスの提供を通じてお客さまと地域社会に貢献することで「地方創生」の一翼を担い、地域と共に成長・発展する金融グループ
計画の位置付け 予想される環境変化のなかで地域経済をバックアップしていくために、ビジネスモデルの変革とグループシナジー効果の更なる追求に取り組む期間

 

3つのコンセプト

①営業力の強化~お客さまの期待を上回る提案力・サービス力~

・個人のライフステージとライフスタイルに応じたコンサルティング営業

・事業性評価と目利き力の向上や国内外のグループネットワークを活かしたソリューション営業

・先進的かつ最適なサービス提供のためのIT・インフラ投資

・証券子会社によるビジネス領域の拡大(銀証連携)

②経営の効率化~競争を勝ち抜く機能的な組織~

・営業店業務の軽量化や資源再配置等のBPR加速

・バック事務の統合、システムの統合等によるグループシナジーの追求

③経営基盤の強靭化~地域から信頼される安定した財務基盤~

・着実な収益の積上げにより、お客さまに安心してお取引していただける健全な財務体質の構築

・公正堅実な企業活動

 

2019年3月期 目標とする主な計数 (2行合算・連結)
預金平残 10兆5,600億円 親会社株主に帰属する
当期純利益
230億円
貸出金平残 7兆7,600億円 連結自己資本比率 9.55%
コア業務純益 415億円 (参考)連結ROE 3.8%

 

中期経営計画『BEST for the Region』について

Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。左のバナーより無料でダウンロードできます。