沿革

1943年(昭和18年) 7月
十二・高岡・中越・富山の前身4行合併により「㈱北陸銀行」設立
1951年(昭和26年) 3月 北海道内中小企業者の強い要望を受け「㈱北海道銀行」設立
2003年(平成15年) 5月 ㈱北陸銀行と㈱北海道銀行が経営統合を基本合意
  9月 株式移転により銀行持株会社(商号:㈱ほくぎんフィナンシャルグループ)を設立し、㈱北陸銀行を完全子会社化
東京証券取引所(第1部)に上場
2004年(平成16年) 2月 日本海債権回収㈱を設立
  9月 株式交換により㈱北海道銀行を完全子会社化
銀行持株会社の商号を㈱ほくほくフィナンシャルグループ(以下「ほくほくFG」)に変更
札幌証券取引所に上場
2006年(平成18年) 10月・11月 ほくほくFGが415億円の公募増資を実施
2008年(平成20年) 8月 北陸キャピタル㈱がほくほくキャピタル㈱へ商号変更
2009年(平成21年) 8月 ほくほくFGが公的資金を完済
2010年(平成22年) 3月 日本海債権回収㈱がほくほく債権回収㈱に商号変更
㈱北陸銀行が北銀不動産サービス㈱を吸収合併
2011年(平成23年) 5月
共同利用オンラインシステム(MEJAR)へ移行
※当初は㈱北陸銀行・㈱北海道銀行・㈱横浜銀行の3行が、その後㈱七十七銀行と㈱東日本銀行を加えた5行が共同利用中
2012年(平成24年) 10月 ㈱道銀地域総合研究所(北海道銀行子会社)が営業開始
2017年(平成29年) 1月 ほくほくTT証券㈱が営業開始

 

Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。左のバナーより無料でダウンロードできます。