• ホーム
  • 電子決済等代行業者との連携及び協働に係る方針

電子決済等代行業者との連携及び協働に係る方針

1.基本方針

株式会社ほくほくフィナンシャルグループ、株式会社北陸銀行、株式会社北海道銀行(以下、当社グループ)は、経営理念として「地域共栄」「公正堅実」「進取創造」を掲げ、広域地域金融グループとしてのネットワークと総合的な金融サービス機能を活用して、地域とお客さまの繁栄に貢献し、ともに発展しつづける取り組みを積極的に行っております。

その中で、電子決済等代行業者をはじめとする様々なパートナーと積極的に連携・協働し、新たに創造した総合的な金融サービスの提供を通じて、身近で頼れるメインバンクを目指すとともに、お客さまと地域社会に貢献することで「地方創生」の一翼を担い、地域と共に成長・発展しつづけます。

 

2.API連携に係る体制に関する事項

当社グループは、電子決済等代行業者(※1)の連携に際し、お客さまが安心・安全を確保しつつ利便性の高いサービスをご利用いただけるよう、以下のとおり、電子決済等代行業者とのAPI(※2)連携を可能とする体制の整備を行う予定です。今後も、セキュリティ面を含め、さらなる機能強化を継続的に検討してまいります

 

※1 銀行法等の一部を改正する法律(平成二十九年六月二日公布)による改正後の銀行法(以下「改正銀行法」)第二条第十八項に定める事業者。別途北陸銀行または北海道銀行が定め、今後公表する予定の「電子決済等代行業者との接続に係る基準」に合致し、北陸銀行または北海道銀行との間で、電子決済等代行業に係る契約を締結した事業者に限る。
※2 Application Programming Interfaceの略。あるアプリケーションの機能や管理するデータなどを他のアプリケーションから呼び出して利⽤するための接続仕様のこと。

 

【 資金移動(※3)・口座情報(※4)に係るAPIの体制整備 】

(1) 個人のお客さま

対象 APIで提供する機能(※5) 整備予定時期
(※6)
  対象口座種類
キャッシュカードをお持ちのお客さま ・残高照会
・入出金照会
・振替
普通預金、貯蓄預金 2018年3月
  個人のお客さま向けインターネットバンキングサービスご契約者さま ・残高照会
・入出金照会
普通預金、貯蓄預金、定期預金、積立定期預金、外貨預金、投資信託

 

(2) 法人のお客さま

対象 APIで提供する機能(※5) 整備予定時期
(※6)
  対象口座種類
法人のお客さま向けインターネットバンキングサービスご契約者さま ・残高照会
・入出金照会
普通預金、貯蓄預金、当座預金 2018年5月
・総合振込
・給与・賞与振込
・振込振替
※3 改正銀行法第二条第十七項第一号に定める行為。
※4 改正銀行法第二条第十七項第二号に定める行為。
※5 対象となるお客さまのインターネットバンキングサービスのご契約形態により、システム仕様の違いから提供可能な機能・対象口座種類に一部制限がある場合がございます。
※6 電子決済等代行業者の方からの問い合わせに対し、システム仕様を開示可能な時期。

 

3.API連携に係るシステムに関する事項

当社グループが提供するAPI連携に係るシステムは、全国銀行協会が公表している「オープンAPI のあり方に関する検討会報告書 - オープン・イノベーションの活性化に向けて -」、金融情報システムセンター(FISC)が公表している「金融機関におけるFinTech に関する有識者検討会報告書」、及び関連団体の公表する各種ガイドライン等に則っております。

なお、当社グループのお客さまの口座に係るAPI連携システムの設計、運用及び保守については、株式会社NTTデータへ委託しております。また、当社グループのインターネットバンキングサービスは、株式会社NTTデータが提供するANSERサービスを利用しております。

 

4.本件の担当部門

当社グループとの連携及び協働についてご検討の電子決済等代行業者の方は、以下までお問い合わせ下さい。

北陸銀行   IT企画部              連絡先:076-423-7111(代)

北海道銀行  営業企画部 マーケティング企画室  連絡先:011-261-7111(代)

 

5.参考情報

当社グループが提供するAPIの具体的な仕様などについては、株式会社北陸銀行・株式会社北海道銀行のサイト上で順次公開していく予定です。

Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。左のバナーより無料でダウンロードできます。

電子決済等代行業者との連携及び協働に係る方針