ビジネスマッチング

2019年10月

「 インバウンドプロダクツ2019」を開催

北海道銀行
「 インバウンドプロダクツ2019」を開催

10月、2020年東京五輪なども見据え、今後も増加するインバウンド需要に対する受入態勢強化のため「インバウンドプロダクツ2019」を開催しました。マーケティング(SNS活用・地域ブランドコンサル)、多言語対応(翻訳・人材)、システム(無料WiFi・電子決済)等のサービス事業者と道内の自治体・観光関連事業者とのマッチングを目的としております。展示会のほか個別商談会も実施し、多くの商談が行われました。

 

2019年9月

「 地方銀行フードセレクション2019」を開催

ほくほくFG
「 地方銀行フードセレクション2019」を開催

9月、地銀55行共催で、14回目となる「地方銀行フードセレクション2019」を開催しました。取引先の販路拡大を支援し、地域経済の活性化への貢献を目的としています。今回、参加企業が初の1,000社を超える規模となり、また来場者も2日間で13,000名を超え盛況となりました。

 

2019年7月

「 第2回FOOD EXPO北海道」を開催

北海道銀行
「 第2回FOOD EXPO北海道」を開催

7月、道内の食品生産・製造・加工メーカー等の販路拡大支援を目的に“食の相談会”「FOOD EXPO北海道」を開催しました。

本商談会では道内全域に亘る幅広いネットワークを活かし、北海道の「優れた逸品」「隠れた逸品」を道内外のバイヤーに対してPRしました。

 

2019年2月

生産者・食品企業との商談会の開催

北陸銀行
生産者・食品企業との商談会の開催

日本政策金融公庫と共催し、愛知県内に25店舗を展開する㈱不二屋(本部:春日井市)と北陸3県の食品関連の取引先との商談会を富山市で開催しました。広域ネットワークを活用して、東海地域の消費者に「北陸の美味しい」を発信することがコンセプトです。45社が出展して約140の商材について、㈱不二屋のバイヤー4名と45件の商談が行われました。

 

2018年11月

「外食産業」と「農業生産者」の意見交換会を開催

北海道銀行
「外食産業」と「農業生産者」の意見交換会を開催

北海道の農業と外食産業の成長につなげる機会づくりのため、道内の外食産業と農業生産者との相互理解を図る意見交換会を開催しました。外食産業から2社、農業生産者から7社・団体が参加し、外食分野での道産食材の普及や農業現場での課題などについて話し合い、外食各社の2019年秋冬メニューに生産者自慢の農産物を使うことになりました。

 

2018年5月

「ビジネス・サミット2018」を開催

北陸銀行
「ビジネス・サミット2018」を開催

5月、名古屋市で、大垣共立銀行との共同主催で、東海・北陸の地域をつなぐ「ビジネス・サミット2018」を開催しました。13回目のテーマは「食」として、展示会には食品関連企業など113社が参加しました。
(参加サプライヤー…157社、参加バイヤー…65社、商談件数…約900件、来場者数…約2,500名)

 

2018年5月

「インバウンドプロダクツ2018」を開催

北海道銀行
「インバウンドプロダクツ2018」を開催

5月、増え続ける訪日外国人客に対する受入態勢強化のため、マーケティング(SNS活用・国別情報発信)、多言語対応(翻訳・WEB関連)、システム(WiFi・電子決済)等のサービス提供事業者と道内の観光関連事業者とのマッチングを目的とした展示・個別商談会を開催しました。
(出展社数25社、来場者数550名、商談件数100件)

 

Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。左のバナーより無料でダウンロードできます。