コーポレート・ガバナンス

経営の透明性を高め、コーポレート・ガバナンスの充実に努めております。

基本的考え方

当社グループ(当社および子会社、関連会社)は、当社グループの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図るため、次の基本的な考え方に沿って、コーポレート・ガバナンスの強化・充実に努めております。
(1) 株主の皆さまの権利を尊重し、平等性を確保する。
(2) 株主の皆さまのみならず、お客さま、地域社会、従業員などのステークホルダーの利益を考慮する。
(3) 適切に情報を開示し、透明性を確保する。
(4) 監査役会の監査機能を有効活用するとともに、独立社外取締役の活用により取締役会の監督機能の実効性を高める。
(5) 中長期的な企業価値向上に向け、株主の皆さまとの建設的な対話に努める。


コーポレート・ガバナンスの状況

当社では、意思決定機関である株主総会・取締役会を頂点として、社内規定により運用権限の委譲を行うことで迅速に意思決定する体制を構築しております。取締役会が決定した基本方針に基づく細目ないし専門的事項にかかる案件は、経営会議をはじめとする機関において迅速に対応しております。また、経営会議とは別にグループ会社間で営業方針の徹底を図る「営業推進会議」を設置しております。

当社は、監査役制度を採用するとともに、社外取締役を選任いたしております。また、グループのガバナンス体制を強化し持株会社としての経営管理を適切に行うために、当社の主要な子会社である北陸銀行と北海道銀行の間では両行の出身者を相互に取締役に選任し、相互理解と相互牽制を図っております。

以上により、意思決定、業務執行、評価・修正を循環的に行う体制を構築しているほか、取締役会にて内部統制の基本方針を決定し、内部統制体制の整備を図っております。

 

主要な機関等の概要は以下のとおりです。
① 取締役会

グループ全体の経営にかかる重要方針を決定し、持株会社ならびに子会社の経営管理・リスク管理・監査について管理監督します。2名の社外取締役を選任し、経営から独立した視点を取り入れ、監督機能を強化しています。

② 監査役会

監査の方針、監査役の職務の執行に関する事項を決定し、取締役の職務の執行を監査します。

③コーポレート・ガバナンス委員会

社外役員(社外取締役・社外監査役)および常勤監査役で構成し、当社グループの持続的な成長および長期的な企業価値の向上を目的に、社外役員間の情報交換や認識共有・当社重要事項への助言を行います。

経営会議

当社の常勤取締役で構成し、取締役会で決定した基本方針に基づき、全般的な業務執行方針および各部門の特に重要な業務執行に関する事項を決定します。

⑤ 営業推進会議

当社常勤取締役と子会社社長を構成員として、グループ全体で重要事項・経営方針の浸透を図るほか、各社の営業状況を確認することで適切な業務執行に反映させる機能を担っております。

 

governance2806.jpg

関連情報

コーポレート・ガバナンスに関する報告書(平成28年6月27日更新)

コーポレートガバナンス・ガイドライン

政策保有株式に関する基本方針

 

 

内部統制の基本方針   コンプライアンスの取り組み   リスク管理の取り組み   内部監査態勢

Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。左のバナーより無料でダウンロードできます。